「松阪もめん」を使ったハンドメイド作品を公募します!【一次締め切り:2月17日(金)】

「松阪もめん」を使ったハンドメイド作品を公募します!【一次締め切り:2月17日(金)】

「松阪もめん」を使ったハンドメイド作品を公募します!【一次締め切り:2月17日(金)】

三重県松阪市から委託された地域特産品ブランド戦略事業の一環として、「松阪もめん」を使ったハンドメイド作品の公募コンテストを実施します。2月1日から応募受付を開始し、優秀作品については2017年3月初旬よりOnJapan CAFÉ(東京・原宿)で展示するほか、商品化を検討します。
公募コンテストを通じてより多くの人々に松阪もめんを実際に手にとってもらい、ブランドの認知向上につなげるとともに、300年の歴史ある松阪もめんを現代のライフスタイルに取り入れる、自由で新しいアイデアを発掘します。


<公募コンテスト実施概要>
「松阪もめんHandmade Expo in TOKYO」
江戸時代初期に三重県松阪で生まれた松阪もめん。天然の藍で染めた糸を”松坂縞”と呼ばれる直線的な縦縞で織られた粋なもめんです。その歴史は、数多くの豪商を生んだ松阪商人のひとりである三井高利が松坂木綿を主力商品として、日本橋に越後屋を開業した江戸時代にさかのぼります。藍色をベースとし、繊細ですっきとした縦縞が走る松阪もめんは、粋を誇りとした江戸っ子の間で大流行となり、越後屋は大繁盛、のちの三越、三井財閥へと大成長を遂げます。
今回、松阪市の委託を受け、OnJapanでは、その伝統工芸品である松阪もめんを題材にし、江戸っ子に圧倒的に受け入れられたように、現代人が手に取りたくなるような、まったく新しい松阪もめん製品を応募します!
江戸時代に起きた松阪もめん旋風を、いまいちど、あなたの手で起こしてみませんか。

■締め切り
一次締め切り 2017年2月17日(金) 作品提出・応募締切
二次締め切り 2017年2月28日(火) 現物作品提出

■賞
・最優秀賞(1点) 賞金5万円、会場展示。商品化の可能性あり
・優秀賞(1点) 賞金3万円、 会場展示。商品化の可能性あり
・入賞(1点) 賞金1万円、 会場展示。商品化の可能性あり
※受賞者が18歳未満の場合は、賞金を図書券に変えさせていただきます。

■募集内容
【募集テーマ】
・松阪もめんを使った未発表のオリジナル作品。生活の中で実際に使用したり飾ったりすることができるもの。
・みんなが持ちたくなるような、使いたくなるような、ワクワク感をもつことができるような作品。
・応募は一人(グループ)2点までとする。

【募集分野】
・バッグ・ポーチなどの服飾小物、キッチンツール、インテリアプロダクトに限定する。また現物作品限定とする。
・松阪もめんの縞柄は、http://matsusakamomen.com/shimagara を参照のこと。
※一次審査通過者へ必要な松阪もめんの入手方法を通知します

■提出物
【一次審査】 ・作品デザイン画・作品画像
※作品内容、PRポイントが詳しくわかる資料
※これまでの活動内容がわかる資料
【二次審査】 ・作品現物 ※必ず輸送に耐える箱またはケースに梱包して郵送する。

■参加方法 提出物を下記提出先まで郵送

■参加資格 プロ・アマ不問。 個人、グループでの参加可能

■参加費 なし

■結果発表 3月上旬にOnJapan CAFÉ(東京・原宿)にて展示、およびホームページなどで掲載

■著作権の扱い 採用された作品の商標権、意匠権、著作権およびこれに派生する権利は、主催者に帰属

■主催 OnJapan株式会社

■提出先・問合せ先 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-8-1
OnJapan株式会社内 「松阪もめんHandmade Expo in TOKYO」事務局
Email: matsusaka@onjapan.tokyo
応募要項サイト: http://compe.japandesign.ne.jp/