音楽に寄せて ~独・伊の歌曲たち~

音楽に寄せて ~独・伊の歌曲たち~

音楽に寄せて ~独・伊の歌曲たち~

ドイツ歌曲の魅力といえば、洗練された詩と美しい伴奏が挙げられるでしょう。
今回はロマン派音楽の作曲家として名高いシューベルト、シューマン、ブラームスの三人に焦点を当て、有名な作品から素朴な作品まで多数披露いたします。
リストのピアノ独奏曲のほか、番外編としてトスティやベッリーニの声楽作品、中高ドイツ語で書かれた中世の歌曲も演奏いたします。
歌とピアノが織りなすひと時をお楽しみください。


!! 注意 !!
コメントだけでは予約をしたことになりません。予約を希望される方は、お問い合わせ先へご連絡をお願いいたします。


【曲目】
・R.シューマン
『ミルテの花 Op.25』より 「献呈」「くるみの木」
・F.シューベルト
糸を紡ぐグレートヒェン(D118)
・F.トスティ
セレナータ
・F.リスト
R.シューマン「献呈」(ピアノ独奏曲)



音楽に寄せて ~独・伊の歌曲たち~

【日時】2017年10月14日(土) 18:30開演(18:00開場)

【会場】札幌大谷学園 百周年記念館同窓会ホール
(札幌市東区北16条東9丁目 地下鉄東豊線「東区役所前」駅下車 徒歩7分)

【料金】
一般料金:1,500円(当日 2,000円)
学生料金:1,000円(当日 1,500円)

【問合せ】
mihoko.harmonia@gmail.com / 090-8906-9617(宇治)
kaoru.senoo@gmail.com / 090-5984-5171(妹尾)
※繋がらない場合は、留守番電話にメッセージをお願いいたします。
※7/8~7/25 の間、宇治は海外渡航のため連絡不可です。


出演者プロフィール

■宇治 美穂子(ソプラノ)
札幌大谷短期大学音楽科、札幌大谷大学短期大学部専攻科卒業。
在学中は主にドイツリートを学ぶ。声楽を吉川順子、古楽歌唱を鈴木美登里に師事。
フランス“Le festival du Comminges”、山梨県“都留音楽祭”等、その他国内外の音楽祭やセミナーにてG.ロランス、R.マメリ、波多野睦美各氏の声楽レッスンを受講。
近年は古楽アンサンブル・ウィリディスのメンバーとして中世音楽を主とした演奏活動を行う他、声楽指導を行っている。
北海道フーゴー・ヴォルフ協会、札幌中世音楽研究会各会員。


■妹尾 薫(ピアノ、伴奏)
札幌大谷短期大学音楽科ピアノコース、札幌大谷大学音楽学部( 現・芸術学部)音楽学科ピアノコース卒業。
2010年渡独。2013年ダルムシュタット音楽アカデミー・ 芸術課程ソロピアノ科修了。
ワイマールで行われたマスタークラスにて、ユラ・ マルグリスのレッスンを受講。
ピアノを今泉見佳子、大楽勝美、横路朋子、吉泉善太、新井眞澄、フリーデリケ・リヒター、
室内楽を岡本孝慈、マティアス・ グレーフシェスターク、
チェンバロをザビーネ・バウアー各氏に師事。
現在は札幌を中心に演奏活動を行っている。北海道フーゴー・ ヴォルフ協会会員。