中野のまちのでんきとごはん いままでのくらしをふりかえるワークショップ

中野のまちのでんきとごはん いままでのくらしをふりかえるワークショップ

中野のまちのでんきとごはん いままでのくらしをふりかえるワークショップ

いよいよ明日!ワークショップ
「中野のまちのでんきとごはん」第一回目のワークショップ
開催します!

時間と場所:12月5日(土)13:30〜16:30
:東中野駅前1分 専門学校東京テクニカルカレッジ
505号室(定員20人)

ファシリテーターは地域連携、都市農村交流を2009年より行っているECOM(エココミュニケーションセンター)森良先生です。

この企画は
最近、食とエネルギーの自給自足やまちぐるみの連携を先進的に取り組んでいる、小田原という地域と関わりを持つようになり、改めて食とエネルギーの問題についてじっくり考える機会を得ました。食もエネルギーも自給が難しい中野というまちでの「暮らし」をふりかえり、これからの小さな循環について、いっしょに考えてみませんか?

環境省の助成をいただいているので無料で開催しますのでふるってご参加ください。

地元を愛し地元に愛される隔月3万部発行している中野のタウン誌
「おこのみっくす」さんにも小田原にでむいていただき、取材、掲載していただきました。
(vol40 2015年11・12月号)
中野の方は是非お手に取ってお読みください。

ちなみに連続して
来年1月16日(土)「中野のまちのでんきとごはん・これからのくらしをかんがえる」
ワークショップ (場所時間12月5日と同じ)
参加申し込みはt.napano@gmail.com 中野岳春にメール下さい。
来年1月30日(土)「中野のまちのでんきとごはん・基調講演とシンポジウム」
(13:00〜17:00 場所:東中野駅前1分
専門学校東京テクニカルカレッジ 地下一階TERAホール)

ぜひお誘い合わせの上おこしください!

主催:一般社団法人エネルギーから経済を考える経営者ネットワーク会議
共催:NPO法人中野環境市民の会、専門学校東京テクニカルカレッジ、N'accord
後援:中野区


このイベントは、一般社団法人エネルギーから経済を考える経営者ネットワーク会議(通称:エネ経)が環境省の「H27 年度二酸化炭素排出抑制対 策事業費等補助金(地域における草の根活動支援事業)」を受けて実施するイベントです。中野会場の企画・運営を、N’accord と NPO 法人中野環 境市民の会と専門学校東京テクニカルカレッジが共催します。