「冬冬の夏休み」公開記念6月26日(日)トークイベント開催!

「冬冬の夏休み」公開記念6月26日(日)トークイベント開催!

「冬冬の夏休み」公開記念6月26日(日)トークイベント開催!

「冬冬の夏休み」デジタル・リマスター版公開記念6月26日(日)トークイベント開催!

■日時■
6月26日(日)
上映 13:30~15:15
トークショー 15:15~15:45

■ゲスト■
田村志津枝 さん
(台湾映画研究者・「冬冬の夏休み」日本語字幕)

■会場■
ロキシー2(全席自由席)

【要予約】
劇場窓口または、お電話かメールで事前にお申し込み下さい。
電話:026-232-3016 / メール:aioiza@movie.ocn.ne.jp

※予約数が満席になり次第、予約受付は終了となります。
※予約満席の場合、ご予約がない方へのチケット販売はございません。予めご了承ください。

【イベント当日 空席がある場合】
予約がない方の チケット販売 及び ご入場 は13:15からとさせていただきます。予めご了承ください。

■料金■
窓口通常料金 ※全国共通特別鑑賞券ご利用いただけます。

全国共通特別鑑賞券好評発売中!
「冬冬の夏休み」「恋恋風塵」(1回券:1300円/2回券:2200円)
特典:ポストカード(数量限定)


[田村志津枝さん プロフィール]
1944年、台湾台南市に生まれ、長野県小諸市で育つ。早稲田大学ドイツ文学科卒業。記録映画製作に携わる一方で、1977年からドイツのニュージャーマンシネマを、1983年から台湾の侯孝賢(ホウ・シャオシェン)監督やエドワード・ヤン監督ら一群の台湾ニューシネマを日本に初めて紹介し、その普及に努めた。ノンフィクション作家として映画・台湾・中国などに関する著書を出版。日本大学講師、「映画論」「表象文化論」などを担当。

主な著書
『スクリーンの向うに見える台湾 台湾ニューシネマ試論』
『悲情城市の人びと 台湾と日本のうた』
『台湾人と日本人 基隆中学Fマン事件』
『はじめに映画があった 植民地台湾と日本』
『李香蘭の恋人 キネマと戦争』
『初めて台湾語をパソコンに喋らせた男 母語を蘇らせる物語』
『若山牧水さびしかなし』 など。

主な映画字幕翻訳
『冬冬の夏休み』『悲情城市』『戯夢人生』 侯孝賢監督
『恐怖分子』 エドワード・ヤン監督
『秋菊の物語』 張芸謀監督
『恋人たちの食卓』 アン・リー監督
『青春神話』 蔡明亮監督 など。


「冬冬の夏休み」公式サイト⇒http://tontonrenren.jp/
©A MARBLE ROAD PRODUCTION, 1984 Taiwan