武蔵野美術大学

武蔵野美術大学

042-342-6021
メール未設定
ホームページ未設定

武蔵野美術大学

沿革 1929年(昭和4年) - 東京都武蔵野市吉祥寺に帝国美術学校が創立される。 1935年(昭和10年) - 同盟休校事件が発生し、帝国美術学校より多摩帝国美術学校(現多摩美術大学の前身)が分離独立。 1948年(昭和23年) - 武蔵野美術学校と改称。 1957年(昭和32年) - 武蔵野美術短期大学を設置。 1962年(昭和37年) - 学校法人武蔵野美術大学設立。 1973年(昭和48年) - 大学院造形研究科(修士課程)を開設。 1977年(昭和52年) - 武蔵野美術大学美術資料図書館が竣工(設計:芦原建築設計研究所・保坂陽一郎建築研究所)。 1999年(平成11年) - 短期大学部の生徒募集停止。造形学部に芸術文化学科、デザイン情報学科開設。 2001年(平成13年) - TAC(多摩アカデミックコンソーシアム)として、多摩地区の4大学(国立音楽大学、国際基督教大学、東京経済大学、津田塾大学)と単位互換制度を実施。また早稲田大学とも単位互換制度を締結。 2002年(平成14年) - 造形学部通信教育課程(4年制)開設。 2004年(平成16年) - 大学院(博士後期課程)の開設。 2010年(平成22年) - 美術館・図書館が竣工(設計:藤本壮介建築設計事務所)。 2012年(平成24年) - 東京ミッドタウン・デザインハブに武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジを開設。