東銀座駅

東銀座駅

電話未設定
メール未設定

東銀座駅

東銀座駅(ひがしぎんざえき)は、東京都中央区銀座四丁目にある、東京都交通局(都営地下鉄)・東京地下鉄(東京メトロ)の駅である。都営地下鉄の浅草線と、東京メトロの日比谷線が乗り入れる。駅番号は浅草線がA 11、日比谷線がH 09である。日比谷線の駅は「歌舞伎座前」の副名称がある。歴史 1963年(昭和38年)2月28日 - 都営地下鉄1号線と営団地下鉄日比谷線の東銀座駅が同時に開業。 1978年(昭和53年)7月1日 - 都営1号線を浅草線に改称。 2004年(平成16年)4月1日 - 営団地下鉄の民営化に伴い、日比谷線の駅を東京メトロが継承する。駅構造浅草線の駅は昭和通りの直下に位置する地下駅。相対式ホーム2面2線の構造を有するが、駅の構造上、線路の間を自動車専用道路(昭和通り三原橋交差点のアンダーパス)や駐車場があるため、ホームから反対側の線路やホームを見ることはできない。連絡通路は改札外部にある。これまで都営地下鉄の駅の中でバリアフリーの対応がなかったが、2010年10月26日に地上とA1・A2出入口改札外コンコースを連絡するエレベーターが設置された。都営浅草線のほとんどの駅の案内サインは、帝都高速度交通営団(営団地下鉄)と同じスタイルのものが使われているが、2000年代後半以降に実施された災害対策を含む改装工事に伴い、都営地下鉄独自の新サインに置き換えられている。